日々がJUSOのかたまり

ジェラジェラジェラジェラッちゃう!

演劇女子部「ファラオの墓」初日観劇のはなし

 

観に行ってきた。

f:id:haramiless:20170602235421j:image

これまであんまり現場に行くことはなかったし今回もチケット取っていなかったけど、直前になってやっぱり、恐らくハルちゃん最後となるであろう演劇女子部を見届けない訳にはいかない……!という思いに駆られ、血眼になってチケットを探した。そして行ってきた。

 

舞台や映画を観た感想書くのは得意じゃないから語りはしないけどとても悲しいお話だった。どの子の演技がよかった、歌が、殺陣がと色々あるけれど、何より私はハルちゃんの声が好きだなと思った。

 

ハルちゃんもとい工藤遥ちゃん、私がハロプロを好きになるきっかけになった子で、初めての推し

そしてそのハルちゃんは今年の秋、モーニング娘を卒業してしまう。

 

高3の頃かな?何の音楽番組か忘れたけど「One・Two・Three」を披露しているモーニング娘。をテレビで見た。その時なんだこのショートカットの美少女は!と衝撃を受けた。

それがコチラ。

f:id:haramiless:20170602221736j:image

f:id:haramiless:20170602221740j:image

 あぁ、今見ても1ミリも色褪せない可愛さ…!

モーニング娘。 「One・Two・Three」 (MV) - YouTube

 

その当時わたしはももクロに夢中だったからすぐモーニング娘。に乗り換える…ってことにはならなかったのだけど、1年くらい経ってももクロに飽きた頃、思い出したのはこの美少女のことだった。そうして私のハロヲタ人生が始まったのである。

 

この子ね、こんな可愛いお人形さんみたいなお顔をしているのにすごいハスキーボイスなの。おっさんみたいな声をしているの。どうやらそれが私のツボをついたらしい。このお顔でもしきゅるんきゅるんのキャンディボイスだったとしたらハマってなかったかもしれない。

 

私が好きになった当時のハルちゃんはまだまだビジュアルがいいだけのポンコツもやしっこで、それこそ「One・Two・Three」では歌割り一文字しかない勢。

だけど、そんなハルちゃんを開花させたものってきっと舞台だった。本人じゃないし所詮茶の間ヲタだから言い切れないけど。

 

ベリーショートにハスキーボイスが少年役にハマって、男性が出演しない演劇女子部で重宝されたハルちゃん。本人の中でも演技のお仕事がとてもハマったらしい。LILIUMで大役を演じてから歌もダンスも表現力もメキメキ伸びたこと、一端の茶の間ヲタの目から見ても明らかだった。

 

ハルちゃんの歌割りが増えて、いつの間にかセンター張れるようにもなって、大好きなハルちゃんの歌声が前よりたくさん聞けるようになったから私も嬉しかった。

 

▼LILIUM直後のシングル、ハルちゃん始まったなと戦慄させられた出世曲
モーニング娘。'14 『TIKI BUN』(Promotion Ver.) - YouTube

▼ハルちゃん初のダブルセンター(一緒にセンターに立っているのは二重の意味で今はなきズッキ)

モーニング娘。'15『Oh my wish!』(Morning Musume。'15[Oh my wish!]) (Promotion Edit) - YouTube

 

しかしながら、そんなハルちゃんが卒業を決めたきっかけも舞台だった。女優さんを目指すらしい。ハルちゃんのアイドルとしての才能を開花させたのはお芝居だけど、そのお芝居に魅了されてハルちゃんはアイドルを辞める。うぅ、皮肉な話だ(泣)

 

ようやくファラオの墓の話に戻るけど、とても切ないシーンで私はやっぱりハルちゃんの声に胸を打たれた。悲痛な叫びに、力強い雄叫びに、囁くような歌声に、涙した。

初めて観に行ったモーニング娘。の舞台で、やっぱりハルちゃんの声が好きだと再確認したよ。あの顔から発せられるあの声が大好き!

 

この秋、はじめて推しの卒業というものを経験することになるけど、その前に舞台で勇姿を見届けられて本当に良かった。

ただ一つ心残りがあるとすれば……砂漠の月編も観たいなぁ………

だってスネフェル工藤見たいじゃない……暴君ハルちゃん…………

 

うじうじ言っている間に千秋楽まで終わってしまったので自粛するけどね。サントラ聴いて我慢してるよ。ともあれこの舞台でハルちゃんへの好きを再確認できたし、他にも石田やチェル、生田にはるなん、挙げたらキリがないほどメンバーのすごいところを再発見できたので観てよかったと思う。

ハルちゃんがアイドルでなくなってしまう日まで、その姿を見逃してしまわないように精いっぱいオタクしようと心に決めたのでした。おわり